本社社屋

社名  栃木トヨペット株式会杜 
住所  栃木県宇都宮市不動前5丁目1番26号
電話番号   028-633-2221 
FAX 番号   028-634-2621 
代表者名   代表取締役社長 荒川徹三
創業 昭和31年8月
設立 昭和31年9月10日
資本金 1億1750万円

<事業所>
■トヨタ新車販売店 
 宇都宮5店舗・小山2店舗・足利2店舗・那須塩原2店舗 
 下野・真岡・鹿沼・高根沢・日光・栃木・佐野・大田原 

■レクサス販売店 
 宇都宮南 

■中古車販売店 
 宇都宮・佐野・那須塩原 

■車買取店 
 足利 

<事業内容>
新車販売/U-Car販売/自動車点検整備・鈑金塗装/自動車部品・用品販売/各種損害保険代理店業務/情報通信機器販売/自動車買取り業務、他

<取扱い車種>

○乗用車
マークX・プレミオ・ポルテ・タンク・86

○ハイブリッド車
プリウス・プリウスα・プリウスPHV・カムリ・アクア・シエンタハイブリッド・エスクァイアハイブリッド・C-HRハイブリッド・ハリアーハイブリッド・アルファードハイブリッド・トヨエースハイブリッド

○RV車
C-HR・ハリアー・シエンタ・エスクァイア・アルファード・ハイエースワゴン

○商用車
ハイエースバン・サクシード・トヨエース・ジャパンタクシー・トヨタ教習車


 

経営理念

イルミネーション
'.$imgobj_pc['alt'].'
年間売上高
319億円
2018年3月期
'.$imgobj_pc['alt'].'
年間販売台数
新車  8,235台
U-car   4,606台(小売、卸売、スクラップ)
2018年3月期
'.$imgobj_pc['alt'].'
従業員数
480名
内訳(男性416名、女性64名)
2018年4月現在
■グリーンキャンペーン
1976年に桜の苗木を寄贈してから毎年行われ、43回目の今回は「緑の大使」を務めるミス・インターナショナルとともに、アジサイの苗木500本を寄贈しました。苗木は、県内の小中高校や市町の公園など20カ所に配布されます。

■ウェルキャブ・車いす寄贈
獨協医大病院に新車1台と車いす20台(今年で7回目)、済生会宇都宮病院に車いす50台(今年で5回目)を寄贈致しました。

■バレンタインデー募金・ホワイトデー募金(計33回)
当社ではバレンタインデー・ホワイトデーの義理チョコをやめ、代わりに社会貢献しようという恒例の企画を、2004年から実施しています。従業員約500人に協力を呼び掛けて集めた募金を下野奨学会交通遺児基金に寄付しています。募金累計額は900万円を超えました。

■児童養護施設への寄贈
毎年食料品を寄贈しています。今回は、子供たちから要望のあったカップ麺を3000個寄贈しました。

■「もしも!のための」ドライバー体験教室
鹿沼市で起きた車両水没事故を教訓に『いざ』という時に役立つアドバイスや、体験を通してご理解いただく、お客様目線の体験教室です。栃木県警の方々にもアドバイスを行っております。

■親子ハイブリッドカー工作教室
このイベントを通して、環境と車の繋がり、又、ハイブリッドカーの良さ、ものづくりの大切さを参加されているお子様、ご家族の皆様に体験してもらいたいと考え開催しています。

■うつのみやし赤ちゃんの駅 
外出中の授乳やおむつ替えの際、気軽に立ち寄ることができる施設として、「赤ちゃんの駅」に登録しています。

■献血 
献血を必要としている人が年間500万人もいます。少しでも貢献できるよう、毎年献血活動に協力しています。 

■こども110番 
栃木県警察と連携し、子供たちの安全を守るため、2006年春から全24店舗を『こども110番の店』と致しました。
・不審者に追いかけられた
・トラブルに巻き込まれそうになった など
子供たちが危険を感じた時の避難場所として、ドアの分かりやすい場所にポスターを掲示してお知らせしています。
突発的な豪雨や雷にあった場合などにも、お気軽にご利用いただけるようにしています。  
  • バレンタイン 下野奨学会への寄付は900万円を超えました。
  • 紫陽花 43回目を迎えたトヨペット「ふれあいグリーンキャンペーン」。今年は紫陽花の苗木500本と電気自動車コムス1台を栃木県に寄贈し、福田知事にお渡し致しました。
  • 獨協医科大学 毎年獨協医科大学に、福祉車両や車椅子を寄贈しております。2018年は、シエンタ(新車)1台と、車椅子20台を寄贈させて頂きました。
  • 済生会 済生会宇都宮病院に、新車や車椅子の寄贈をしております。2018年は、車椅子50台を寄贈させて頂きました。